航海記 ♪歌いながら行くがいい♪
私の船は、時々歌いながら旅に出る。
小さな美術館 1 大きなフェルメールと大バベル

ちょっと前にタイムマシン5で訪れた大塚国際美術館(徳島県)。

いやー、想像を超えた圧倒的な質量の美術館であった。
そう言えば足立美術館(島根県)も壮大な敷地の美術館だったなぁ。
★【松江旅情再び 4 庭園が美しい!足立美術館
(平成19年)2007/7/10(火)過去記事参照〜♪(/・ω・)/




でも、小さい美術館でじっくり、のんびり観るのもいいよねぇ。
思い出の「真珠の耳飾りの少女」をもう一度ゆっくり見たくなった。





201906-Smallart1-1.jpg





201906-Smallart1-2.jpg




寝っ転がってて失礼!

しかし…


おお〜、
見上げるフェルメール4点とブリューゲルの「バベルの塔」(通称:大バベル)。
いいね〜!





これまた眼福、眼福。






201906-Smallart1-3.jpg




.......................
FC2ブログランキングへ→
令和元年皐月の巻 4 ホットサンドは最後です。

いよいよ明るくなり、気温も上がって暖かくなってきた。



201905-camp2-23.jpg




いい加減○o。旦(*´ω`) ほーっとし過ぎだな。(*皐月の巻その3 参照)
でもいいの、地蔵だからw(*皐月の巻その1 参照)

しかし後でよくよく確認したら、私の目指す”地蔵△キャンプ”は、
”お地蔵さんスタイル”(または”地蔵スタイル”)とも呼ばれていた。(ちなみにアイドルのイベントとかでの”地蔵スタイル”だと、ペンライトも振らず踊らず合いの手も入れずでじっと動かずにいるファンの形態だそう…)

★【仕事終わりは地蔵キャンプで!!道志の森キャンプ場
2018(平成30年)/7/19記事(Chou à la crème)ブログより

なにもない、なにもしない
ただ外で過ごす、『地蔵キャンプ』

 …
地蔵キャンプ
ボクが勝手にそう言ってるだけなんだけど、お地蔵さんみたいに動かないキャンプってことで…


あ、多分これだw
私が( ”地蔵△キャンプ”…(*゚ェ゚*)いいかも…)と思ったきっかけは。

★【【キャンプの輪】自然をこよなく愛する焚き火キャンパーのお地蔵さんスタイルとは?】「hinata-きっと外が好きになる-」サイトより
★Daiさんインスタ参照→(@dk_gapやだ(〃▽〃)こっちはなんかカッコイイ…。



そうだった、お地蔵さまは本当は偉いのだった。

=お地蔵様はなんのためにいるの?=

正式名称は「地蔵菩薩」、といいます。
菩薩」とついているように実はお地蔵様は仏教の信仰対象である菩薩の一人です

「地蔵」という名前はサンスクリット語(インドの言葉)で「クシティガルバ」。「大地」と「胎内、子宮」という意味があり「大地の母胎」を意味しています。

お地蔵様は何のためにいるかというと、お釈迦様が入滅(亡くなること)されたあと未来の菩薩である「弥勒菩薩」が現れるまで56億7000万年かかるといわれています。
(略)
その56億年後に弥勒菩薩が現れるまで現世に仏様が不在となります。
そこで、その仏様がいなくなる間、私たちをにお救いくださるのが、なんとお地蔵様なのです。

★【四国お遍路.net ハチハチ編集部】より



=地蔵菩薩(じぞうぼさつ)とは=

仏教の信仰対象である菩薩の一尊。サンスクリット語ではクシティガルバ( क्षितिघर्भ : Kṣitigarbha )と言う。
クシティ=「大地」、ガルバ=「胎内」「子宮」の意味。意訳して「地蔵」としている。また持地、妙憧、無辺心とも訳される。
三昧耶形(さんまやぎょう/さまやぎょう)は如意宝珠と幢幡(竿の先に吹き流しを付けた荘厳具)、錫杖。
種字は ह (カ、ha)。
大地が全ての命を育む力を蔵するように、苦悩の人々を、その無限の大慈悲の心で包み込み、救う所から名付けられたとされる。
 by Wiki


201906-jizoubosatsu-bonji.png

地蔵菩薩の梵字(発音:カ) →
真言:オン・カカカ・ビサンマエイ・ソワカ

★【菩薩地蔵(カ)梵字の意味
「Lucky Round Tattoo」サイトより



ほんわかイメージのお地蔵さまは、入滅されたお釈迦様(名誉会長)とその後に現れる弥勒菩薩(次期社長)との間の、長い長い不在期間(*注1)に一生懸命現世を見守ってくださっている(実務担当者)偉い偉い方なのです!

*注1…56億7000万年ほど:時間の感覚は下記参照〜。

*ビッグバンの宇宙誕生から現在までが138億年
 (最新資料より)
*ビッグバンから銀河系誕生までが120億年〜130億年
*太陽系に地球が誕生してからは46億年
 (太陽とその惑星はほぼ同時期に誕生)
 ・多様な生物が爆発的に誕生したカンブリア紀
  今から5.8億年前
 ・大型恐竜が絶滅、日本列島がアジア大陸から切り
  離され北へ移動した頃の白亜紀が今から1.4億年前
 ★【地質時代:逆順年表】←とっても分かりやすい!
  おきらく・ごくらくケービング(CAVING)サイトより
(*こちらも参考までに♪★【2014(平成26年)のタイムマシン 9 水碧む、びわの滝にて。】2019(令和元年)5/27(月)記事より)

*現在は各惑星の軌道も安定している太陽系だが、50億年後にはその太陽は赤色巨星へと変わりはじめ、近くの惑星を飲み込み(水星、金星はアウト。地球は飲み込まれずギリギリセーフも熱波に炙られほぼ生物環境は壊滅とされる)、その後白色矮星となる模様。



つまり、弥勒菩薩が現れると言う56億7000万年後という時間は、これから太陽系が変質してゆくまでの時期と重なっているとも言えます。
なので現在のような太陽系が存在しているであろう期間(=今の人類が地球上でなんとか生きていられるであろう期間)は、このお地蔵さまが「な、なんとかします…!」b(´ω`;)ホホエミ〜と頑張っていてくださると言うことです。

とは言え、56億7000万年後にはもう今とは全く違う地球で生物環境も全く変わってしまい、その頃まだ人類が生き残っているとしたら地球にいるとは考えにくく別の惑星に移住するしかなく、現人類とは全く様変わりしていると思われ。しかしどんな試練が待ち受けようとも、きっとお地蔵さまは使命を全うされるだろう。。。


まるで仏教界の中間管理職。。。
一番割りに合わないめんどくさい役職じゃないですか(´д⊂)!>お地蔵さま
それを文句も言わず、微笑みを絶やさず広い広い御心で引き受けてくださっている有難いありがたい菩薩様、それがお地蔵さまなのです。
人の目がないからと時々お地蔵さまを壊したり盗んだり首を切ったりする大馬鹿者がいますが、とんでもない罰当たりなことですぞ!9(`・з・´)

道端で見かけたら、「いつもありがとうございます」と手を合わせましょうね。ナムー(´人`)




おや、乗船員Kが起きてきたようだ。
そろそろ朝ゴハン作るかね。




201905-camp2-30.jpg



またゆで卵2個分のホットサンドですw
(作り方は適当*皐月の巻その1 参照)


201905-camp2-25.jpg




乗船員Kに記録よろしく撮ってもらったら、ピントが背後のテントに当たってるじゃんかヾ(`・3・´)バカヤロウ。(お地蔵さまのような広い心ではない私…)
しかし、怒るほど立派な朝食でもないからま、いっかw



201905-camp2-24.jpg

= 朝ゴハンのメニュー =

○前夜の残りの餃子スープ(餃子は追加)
○残り物のコロッケとレタス
○ゆで卵2個分ホットサンド
○"暁のコーヒー" 
(=∀=)もう時間帯は暁ではないが雰囲気でw



たまごサンドの他に残り物でチキンカツサンドも作ったけど、朝ゴハンには多すぎたのでこちらは帰り道でのオヤツに。




ただのたまごサンドも、キャンプでホットサンドにしてみると不思議と美味しさ3割り増しだw



201905-camp2-26.jpg







ゆるゆると朝食も終え、本日3度目のコーヒーを淹れながらのんびりと撤収を開始。



201905-camp2-27.jpg




荷物を船に仕舞い後は出発するだけ。
時間的にはもう ” 暁のコーヒー ” じゃないけど、チェックアウト前の最後の時間はコーヒー片手に二人で河原を軽くお散歩。

うん、いい時間だったねとしみじみ語り合う。




「またここに来たいなー」(*゚ェ゚*)と乗船員Kが言う。

しかし「うーん…w」とだけ応えた私。
(暑くなったらしばらく△はお休みだって言っただろう…(#^ω^)ビキビキ)
 やはりお地蔵さまのような広い…(ry



201905-camp2-34.jpg




いろんな意味で、私の ” 地蔵△キャンプ ” への道のりはまだまだ遠く奥深いのだと再確認したのだった…(*令和元年皐月の巻その1へ戻る…)





.......................
FC2ブログランキングへ→
DATE: 2019/06/10(月)   CATEGORY: 野外△2輪4輪
令和元年皐月の巻 3 暁のコーヒー

皐月の巻その2で早々に寝落ちしてしまったので、翌朝は5時前に起床してしまったわw

あまりに早起きだったけれど、ぐっすり寝てしまったからもう眠くない〜。
いつもは二度寝するけど、すっきり目覚めてしまったし外はもう薄明るい。
テントからもそもそ出て背伸び。うーん、寒っ((;´ω`))ブルブル

まだ空気も青いこのような時間帯をなんて言ったっけな…。

○払暁(ふつぎょう・ふっきょう)
 :空が白みはじめた頃。まだすこし暗い明け方。
  もう少しで夜が明けきろうとする時間帯。夜明け。

○暁(あかつき)
 :太陽の昇る少し前のほの暗い時間帯、明け方のこと。





まずは ” 暁のコーヒー ” といこうか。


201905-camp2-9.jpg




早過ぎてまだ周囲のサイトも皆さまお休み中zzZZの様なので、静かにお湯を沸かす。(後で散策してたら早朝からもう焚き火してる方もいたw)

青い空気の中、一人まったりとお茶する時間…(超早朝)



201905-camp2-12.jpg




いいっすw


夜の焚き火のぼけらータイムもいいけど、暁の清閑に浸るこの時間もまた…
                           旦(*´ω`)ホー



201905-camp2-10.jpg





201905-camp2-11.jpg





コーヒー片手に周囲を散策。



201905-camp2-13.jpg



程なくして川向こうの山が陽を浴びて、鮮やかに緑が立ち上がってきた。

こーゆーのもモルゲンロート(Morgenrot:ドイツ語。英語的にはMorning red。「朝焼け」は普通に Red sky in morning )でいいのだろうか?
…これくらいでは”赤い”とは言えないか。


そう言えば、マンガ『山と食欲と私』(*皐月の巻その2参照)にこの”モルゲンロート”の件があったはず。

モルゲンロート」とは…
ドイツ語に由来する日本の登山用語で、山肌を朝日が赤く染め上げる現象を言う。

(略)

ちなみに本来のドイツ語ではそもそも
”モルゲンロート(Morgenrot)”
は、ただの”朝焼け”を意味する単語であり、山肌が赤く染まる現象を直接表現する言葉として
”アルペングリューゲン(Alpengrügen)”
という単語が存在する。
「モルゲンロート」とは日本で意味がズレたまま定着した外来語と呼べるだろう。

『山と食欲と私』第3巻
(第34話)「涸沢カール逗留編③沁みる大根の味」より



そうすると、この色は日本の登山用語で言う「モルゲンロート」でもドイツ語の”アルペングリューゲン(Alpengrügen)でもないし、「朝焼け」と言うにはそのような空の色でもない。


雰囲気としては"山萌える"かな?と思ったがそれは春の季語だし、"山燃える"だと秋の季語だし、夏の季語は"山滴る"だけどもまだそれほど青々と茂っている雰囲気でもないし…うーむ。

ま、”山映える”、でいいかw
他の表現が思いつかず(=∀=)何かあるような気がするのだが…。





201905-camp2-33.jpg





201905-camp2-14.jpg



201905-camp2-15.jpg




201905-camp2-16.jpg



日が昇りどんどん山を温め、空の色も青みを淡く増してゆく。







201905-camp2-17.jpg



一番奥のサイトまで来てみた。
ここまでテントが埋まる時ってのはGWとか夏休みとか大きなイベントがある時とかなのかな。まあ、指定はできないらしいから、来てみないと分からないんだろうけど。




さて、そろそろマイテントに戻りましょう。



201905-camp2-18.jpg



のんびり散策して戻ってきてもまだ朝の6時半前w
乗船員Kもワンコもお休み中 U-x-Uzzz(-_-)zzzZZZ。




とりあえず ” 暁のコーヒー ” 第2弾淹れますか。

201905-camp2-20.jpg


明るくなってきたけれど、まだ気温は10℃前後。
じっと座っていると冷えてくるのでブランケットをテントの中から引っ張り出す。うん、確かにここはまだ涼しいわねw




201905-camp2-19.jpg




朝のコーヒーのお供に甘いチョコと
甘じょっぱいポテチ。

…合う♪(天海祐希風で)





乗船員Kは焚き火とワインで夜の読書タイムを満喫。
緑の船はコーヒーとチョコポテで清閑な空気の中、暁タイムを満喫。



201905-camp2-21.jpg




ご近所のサイトの方々もだんだん起きてきて、朝食を作り洗い物も済ませ、散歩しては戻って活動している間、私は時々チョコポテをつまみ、コーヒーを飲みながらただただ杉林の上の空を見上げていた。





201905-camp2-22.jpg




TVや動画、ネットの情報も音楽もいらない。
ご近所サイトの日常的な生活音も含め、今日はこの朝の音だけで満足。。。
                         ○o。旦(*´ω`) ホー





.......................
FC2ブログランキングへ→
DATE: 2019/06/08(土)   CATEGORY: 野外△2輪4輪
令和元年皐月の巻 2 それぞれの時間

その2…!?
暑くなってきたらそろそろキャンプはしばらくお休みねと言っていたのに…




(´・Д・)「…涼しいところへ行けばいいじゃない」

うん、まあそうだけれど…(#^ω^) さすがに若干ビキビキ気味の私。(苦笑)




と言う訳で標高高めでまだ涼しげな場を求めて行ってきた某キャンプ場。
現地の天候・気温など考慮し当日になって決行することになったのだが、候補が2つあって、ひとつは当日の問い合わせができなかったためもう一つの候補の方へ。
さて、今回はどんなところかな?



うわーーーーっ、広ーい!

201905-camp2-8.jpg


先客はざっと15組くらいだったろうか。
しかし広大な敷地にも関わらず奥の方には誰もおらず、我々のサイトも近くに5、6組のキャンパー達が密集した感じで河川側の近くに指定された。(*サイトは施設側が指定するタイプのキャンプ場)

…こんなに広いのだから何も密集させなくとも…。1サイトそのものは他のキャンプ場と比べてもかなり広めの方なので全く窮屈ではないんだけど。。。

「なーんでこんなに密集して飛ぶんじゃ?」
「まるで何かに怯えとるようじゃ」
       by 風の谷のオジイ達のつぶやきより



実は、乗船員Kは人気があると言う河川側ではなく、できれば山林側のサイトにしたかったそう。



「え?山林側がいいんでしょ?管理人さんに希望は言わなかったの?」

「無理だよ、電話した時点で「サイトの指定はできません」って問答無用だったんだから!」

「でもこんなに空いてるんだから、できれば山林側希望なんですけどって言えば今からでも変えてくれるんじゃない?」

「絶対無理。そんな雰囲気じゃないんだってば!」(*`ェ´*)若干キレ気味…



しかし、ちょっと離れた別エリアでは、サイトは密集しておらず各組のテントは市松模様な感じでゆったりと離れて配置されている。駄目元でもいいから言うだけ言って見ればいいのにねぇと思う私。

謎の割り振りの基準に釈然としないままともかく設営。
はい、完了。


さて、今回の乗船員Kのキャンプのテーマは…

   「快適な睡眠環境△!」zzZZZ


201905-camp2-2.jpg


ちょっと前にした別キャンプで、地面の凸凹が激しくて寝心地が悪くて眠れなかったらしく、今回はいつものキャンプ用のマットだけではなく”お家用低反発敷布団マットレス(セミダブルサイズ)”に、キャンプ用ではない”普通の長座布団”(2セット)を追加で持ってきたw

おかげで地面にちょっと大きめの岩があったけど無問題。
ヤバイ、めっちゃ寝心地いい〜!

(最上階)いつものシェラフ
(第5層)いつものキッチンマットorキルティングカバー
(第4層)フカフカ長座布団 *←New
(第3層)セミダブルサイズの低反発マットレス *←New
(第2層)いつものキャンプ用マット
(第1層)いつもの厚手の防水ピクニックシート


もはやキャンプの寝心地ではない。何これ〜、超快適♪
唯一の難点は積載上 か さ ば る こと。
いやでも快適って大事よね。



201905-camp2-32.jpg


= 今回の夕食メニュー =

 ○まとめ損なったポテトパンケーキ(人参を追加したのが敗因か…)
 ○途中のスーパーで買ったチキンカツ&コロッケ
 ○適当餃子スープ
 ○ルーロー飯チリコンカンのW丼(by* 無印良品のレトルト

夕食時の気温18℃。
ちょっと肌寒いくらいで丁度いい。



201905-camp2-3.jpg


チリコンカン、キャンプ飯に合う!


201905-camp2-4.jpg

夜の帳も下りてきて、焚き火もいい感じに暖かくてなんとなく炙り焼きにしてみたチキンカツ。

あちち。

普通のフォークでは手はすぐ熱くなるのに肉はあまり温まらず…(´・_・`)

















さて、乗船員Kには今回もう一つのテーマがあった。

それは   …「焚き火で読書!」


201905-camp2-5.jpg



お、いいね。なかなかカッコよく写っているじゃない。





けれど、読んでいるのは『山と食欲と私』↓ですw

★【『山と食欲と私』】(作者:信濃川日出雄)pixivコミックより

yamasyokuwatashi-1.png

★【『山と食欲と私』第1巻】新潮社(*現在第9巻まで発行中!)

★【山と食欲と私|YAMAP(ヤマップ)】公式HP


元々は私の集めているマンガなんだけど、ホントどのエピソードも面白くて「これキャンプでやればいいんじゃない?」と読む度に思っている。
今のところまともに再現できておりませぬが、あれもこれもやってみたい〜と思いつつ大抵カレーになってしまうのは何故だw(今回はちょっと違うけど)

そうして乗船員Kもつられて読み始めて、最近は「これ読むと山に登りたくなってくるよね〜」とか言っておりますが、私は「食欲」の方だけでいいからw





201905-camp2-6.jpg



乗船員Kがニヒルにワインを飲みながら”俺と読書と焚き火”をしてる時、私はテント内でワンコのお世話をしていた。(ゴハンあげたりお水あげたり添い寝したり)
後で焚き火に復帰するつもりだったのだが、テントの寝床のあまりの寝心地の良さに私もワンコとそのまま寝落ち〜w (-_-)zzz



201905-camp2-7.jpg




しかしキャンプでは、それもまたいい時間なのであった。




.......................
FC2ブログランキングへ→
DATE: 2019/06/07(金)   CATEGORY: 野外△2輪4輪
令和元年皐月の巻 1地蔵への道のりは遠く

さて、"今現在"に戻った私は何をしてたのか?






やっぱりキャンプしてました。。。だって乗船員Kが駄々こねるから-苦(-∀-)笑-

時は"令和”の元年皐月、所は”平成”のほど近く。


201905-camp1-3.jpg






今回はいつも持っていかないものを持っていった。
それは↓こんな物。



201905-camp1-2.jpg

世の中にコットなどというオサレキャンプグッズがあったかどうか定かではないような頃に、ホームセンターで買ったイチキュッパの安っちぃ折りたたみできる寝椅子(-∀-)(そもそもの用途としては夏にビーチで使う用)
いつか使おうと思いつつ船に乗せる余裕がねぇよ!で今まで出番がなかったのだが、今回は「夜に寝っ転がって星を観る!」と意気込んで初めて積んできたのだった。
かさばるのを気にしなければ、これはいいかも。く つ ろ ぐ w
荷物置きにもなり、時にはワンコサークルにもなる。使える。




そして、今回の私のキャンプのテーマは…「地蔵△キャンプ」!
ナムー(-人-)どこぞの誰かがやっていたのだが、それを見て「これだ!」と私は膝を打った。

=「地蔵△キャンプ」とは=

いったん自分のベーステントを張ったら、あとは特に何もしない、椅子に座ったが最後動かない。時にそれがグルキャンだったとしても。(大体こんな感じだったような…)




まあ流石に本当に何もしないってわけにはいかず、食事はもちろん作るんですけどもね。
でも、いつも設営してから即何かしら作らなきゃとなるところを、キャンプ場に行く途中で地元オカンたちの手作り弁当のお店とかで唐揚げとか炊き込みゴハンとか買ってったりしただけなんだけど、これが意外と正解。

いつも設営後もなんだか”忙しい、忙しい”って感じなのに、たったそれだけでとても”余裕〜♪”のひと時。
実は予定より2時間くらい遅くなって現地に到着したのだけど、着いて設営して軽く腹ごしらえしてお茶したら…
あれ?いつもよりなんか…めっちゃ楽…(´-`)ほー。
今回はタープ張ってないから?テーブル1つ分出してないから?

そうしてワンコと戯れた後、程よく落ち着いたしそろそろ夕飯の準備をば。





と言っても地蔵につき、今日の夕食は適当カレーです。(いつものような気も…)


201905-camp1-6.jpg


201905-camp1-5.jpg




私が地蔵なので、乗船員Kが最近十八番にしている”玉ねぎ丸ごとスープ”を担当してくれたw
これはTV番組「三ツ星☆キャンプ」で、女性ライダーが発信するブランド『nomadica -ノマディカ-』の代表:小林夕里子さんの登場回で作っていたキャンプ飯の一つ。この方、とってもたおやかなのにモンゴルの大草原をソロでキャンプツーリングするような猛者ですw(私にはできないがめっちゃ憧れる〜♪ハアト)

★【nomadicaとは】*MOTOアウトドアブランド
実はこの時紹介されていたテントが気になっている緑の船。→【tent-Mark DESIGNS × nomadicaTenGer STANDARD(テンゲルスタンダード)¥21,384 也。
インナーのポケットが上部にもあるとか紐を通せるループがあるとか、些細なことなんだけど「そうそう、そんな感じの欲しかった!」と言う女性ならではのアイデアがいい。
強いて言ったら色のバリエーションがもっと欲しいかなってところ。
他にもおすすめギアを紹介してたりしてますね。

★【コバユリの”胸きゅん”キャンプギア】←「Lady Go Moto!」の掲載コラム。



 …ん?



その元サイト↓のホームに見覚えのあるお方が…

★【Lady Go Moto!】バイクやクルマを愛する女性のためのメディア→
ミシュランガイド × 大人ドライブ in TOKYO:元レーシングライダー 原田哲也 × モデル 采女華 】(ホーム>クルマ>ドライブ:2019/5/28記事)
LGM-2019-0528.png


★【ミシュランガイド × 大人ドライブ in TOKYO




原田ーーーっ!?(◎☆◎;)ブホッ(カフェオレ吹いたがね驚)

LGM-2019harada.png
MV アグスタ ドラッグスター800RR(MV AGUSTA DRAGSTER 800RR)を堪能する原田氏(撮影:岩本淳司)>

ぎゃー、懐かしい〜!ヽ(≧∀≦)ノ(泣)こんなところで原田に会えるとはw
色々すっかり丸くなっちゃってもう。でも声が甲高いのは変わらないw
原田にはイタ車がよく似合う♪(痛車ではないwイタリア!)バイクに乗る姿は今も燃えるぜ!(”萌える”ではない、原田の走りは燃えるのだ!*レースの時ね!)

★【世界GP王者・原田哲也のバイクトーク Vol.1「カピロッシ? 今じゃ親友だよ」】Young Machine(2019/1/15コラムより)
うん、知ってるw でも最近まで口もきかなかったのにヨメに叱られてから話すようになったとは知らなかったw
「’98年最終戦アルゼンチンGPの件」はそれでいいと思う。
私も今でも許してないしなw>あの時のカピ(かれこれ20年以上前のことだがw)



おっと、思わぬ邂逅にテンション上がってしまった…。
。。。閑話休題。。。「玉ねぎ丸ごとスープ」に戻る。



★【Photos and videos from instagram posts tagged with #極上三ツ星キャンプ】本家HPより情報たっぷり。

★【極上!三ツ星☆キャンプ】BS日テレ番組HP
※コバユリさんの回は公式HPにはスープのレシピはないけど以下な感じで♪


201905-camp1-4.jpg

映りがイマイチだけど、
とっても美味しい!

○材料:玉ねぎ、丸ごと
   (春玉ねぎ推奨)
    ベーコン、適当
    コンソメ、適当
    水、適当
    胡椒、パセリ適宜
  
○作り方:材料を鍋にIN
 →気長に30分かけて
  コトコト煮る。

※玉ねぎは切らずに丸のままの方が美味しい!(食べる時に切り崩していただきます)







201905-camp1-8.jpg



201905-camp1-7.jpg



あとはただ焚き火してぼけらーっとする。
夜は洗い物もしない。(ウエッティで拭き取りしてコンテナに一時退避。翌朝明るくなってから洗う)
地蔵△キャンプ…いいかも。ほー。
でもグルキャンで地蔵になる強心臓はまだないw





201905-camp1-9.jpg






いよいよ作動が怪しくなってきた私のヘボカメラで取れた星風景↓はこれが限界であった…。(一応北斗七星の一部が写っている)そして多分ヘボいのはカメラではなく私の腕…。
30秒露出で腕を固定してても呼吸で手が震える〜プルプル(三脚持ってこい)


201905-camp1-10.jpg








そして翌朝。

基本地蔵だが朝ゴハンは作る。


201905-camp1-12.jpg

=ホットサンド=
○材料:
・食パン、2枚
・ゆで卵、2個(マヨ、塩胡椒、パセリ等お好みで)
・チーズ、2枚
・はちみつかメープル、適当
・バターかマーガリン、適宜
  
○作り方:
・ゆで卵を黄身と分けて白身はみじん切り。
・マヨなどお好みで適当にあえる。(マヨが足りなくてオリーブオイル足したw)
・ホットサンドメーカーにバターを適当に塗る。(食パンにも)
・チーズとメープルシロップを食パンに置いて、マヨたま(ドカンと2個分)ON!
・ぎゅうぎゅうに挟んでこんがりするまで焼く。
 
※焼き加減はお好みで♪






= 朝ごはんのメニュー =

○エリンギとピーマンの炒め物
○昨夜の残った玉ねぎスープにトマトパスタスープの素を追加
○ゆで卵2個分の適当ホットサンド

201905-camp1-13.jpg



適当にやっても美味しい。ホットサンドは偉い♪


201905-camp1-14.jpg







201905-camp1-15.jpg


夜は結構冷え込んで寒かったのに、朝ゴハンしてゆっくりしてたら気温ぐんぐん↑あっと言う間に25℃!
さっさと撤収します。






201905-camp1-1.jpg


広々した芝生にいても、もう思い切り走り回ったりはできなくてヨタヨタ、よろよろ。ちょっとでも気分が上がってくれたんだったらいいんだけども。
暑くなってきたら流石にしばらくキャンプはお休みかな。




201905-camp1-11.jpg




今回のキャンプでは、まだ涼しく新緑の美しい時期を堪能し撤収〜。
しかし、私の地蔵△キャンプへの道はまだまだなのだった。






.......................
FC2ブログランキングへ→
Copyright © 航海記 ♪歌いながら行くがいい♪. all rights reserved. ページの先頭へ